*

あなたの高尿酸血症の原因は何タイプ?

公開日:

高尿酸血症の原因には3タイプある

健康な人の身体には、通常約1,200mgの尿酸が存在しています。

1日に新たに約700mgの尿酸が作られます。そのうち、約500mgが尿を通じて、約200mgが汗などを通じて排出され、バランスを保っています。

尿酸の生成が過剰になったり、尿酸の排出が低下するとバランスが崩れ、高尿酸血症となります。

高尿酸血症は、尿酸値が7.0mg/dLよりも高い状態を言いますが、その原因となるタイプには次の3つがあります。

  • 尿酸産生過剰型
  • 尿酸排泄低下型
  • 混合型(尿酸産生過剰型と尿酸排泄低下型の混在)

タイプによって、治療薬が異なりますので、ご自分の高尿酸血症のタイプを把握することは極めて重要です。

日本人の高尿酸血症患者のうち、約60%が尿酸排泄低下型と考えられています。

高尿酸血症のタイプの調べ方

高尿酸血症のタイプは病院で、尿酸の産生量や尿酸クリアランスと呼ばれる腎臓の尿酸の排泄効率を調べることによってわかります。

検査の3日前から高プリン食や飲酒制限し、当日は絶食します。

入院して1日分の尿で検査するほうが正確ですが、外来受診で60分の診療で検査することができます。

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ