*

痛風の痛みに効果のある市販薬と絶対に飲んではいけない市販薬

公開日:

16155952_m
痛風の発作は突然やってきます。痛みを止めなければ病院に行くことすらできないということもあるでしょう。

そのような場合、市販薬で当座の痛みを凌ぐことも選択肢です。

しかし、痛風の痛みに効果のある鎮痛薬というのは限られています。また、痛みが増してしまう危険な鎮痛薬もあります。

今回の記事では、痛風の痛みに効果のある市販薬と、絶対に飲んではいけない市販薬をご紹介します。

スポンサーリンク



市販の鎮痛薬を選ぶための基礎知識

ドラッグストアに行くと、たくさんの種類の鎮痛薬が販売されています。どれを選べばよいのかわからないという経験をしたことはありませんか?

アスピリン、イブプロフェン、ロキソニン。このような名前を耳にしたことがあるかと思います。

これらは、痛みを和らげる鎮痛効果や痛みの元となっている炎症を抑える薬の成分の名前です。

痛みの原因によって、あるいは人の体質によって効果のある成分が異なるため、様々な種類の市販薬が開発され、販売されています。

ですから、痛みの原因やご自分の体質に合わせて鎮痛薬を選択する必要があります。

あなたの友人が「この薬がよく効いた」と言っても、あなたに効果があるとは限らないのです。

取り急ぎの痛風の痛みの対処にはロキソニンSを使う

痛風の痛みはとても強いため、市販の鎮痛薬では十分な効果を得ることはできませんが、当座の痛みを凌ぐことはできます。

痛風発作時に市販薬を使う場合の第1選択肢としたい薬は「ロキソニンS」です。

理由は鎮痛効果が高いこともさることながら、ロキソニンは痛風の専門病院でも使われる薬だからです。

痛風専門病院でも使われる薬の中で、市販されているものはロキソニンしかありません。

市販薬のロキソニンSは病院で処方されるロキソニンと同一成分です。

ロキソニンが買えない場合はイブA錠

ロキソニンは第1類医薬品に分類されていて、薬剤師のいる対面販売でしか購入できません。

近くに薬剤師のいるドラッグストアがないなどの理由でロキソニンを購入できない場合は、イブA錠が次の選択肢になります。

イブA錠の主成分はイブプロフェンで、鎮痛効果、抗炎症効果があります。

ロキソニンほどの効果は得られませんが、イブプロフェンは安全性の高い成分です。

痛風発作時に絶対に飲んではいけない市販薬

鎮痛薬の中で、アスピリン(アセチルサリチル酸)成分が入っているものは、痛風発作時には絶対使ってはいけません。

アスピリンの作用で、痛風の痛みを増してしまうからです。

市販薬の中でアスピリン成分が入っているものには次のようなものがあります。

  • バファリン
  • ケロリン
  • エキセドリンA

まとめ:市販薬は緊急措置でしかない

市販薬で痛風の痛みをとりあえず軽減することはできますが、痛風の痛みは1週間程度続きます。

市販薬で痛みを凌ぎつつ、必ず病院で専門の薬を処方してもらいましょう。
間違った薬を処方されていませんか? 目的別・3種類の痛風薬

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ