*

どうして肥満だと糖尿病になりやすいのか? 肥満とインスリンの関係とは

公開日:

「肥満は糖尿病のもと」、「糖尿病予防には痩せること」とよく言われますが、どうして肥満になると糖尿病になりやすいのでしょうか?

また、とても太っているのに全く糖尿病にならない人がいるのはどうしてなのでしょうか?

全てはインスリンと関係しています。今回は、肥満と糖尿病、糖尿病とインスリンの関係をわかりやすくご紹介します。

肥満になると血糖値が上がりやすい

肥満になると糖尿病になりやすい遠因は、「血糖値が上がる」ためです。

こちらの記事によると、肥満になると、肝臓からLECT2というホルモンが多く分泌され、「インスリン抵抗性」を招き、血糖値が上昇しやすくなるということです。

インスリン抵抗性は、簡単に言うと、血糖値を下げる作用を持つインスリン(膵臓から分泌されるホルモン)が効きにくくなる状態のことです。

インスリン抵抗性については、こちらの記事もご覧ください。

糖尿病治療のキーファクター インスリン抵抗性を改善する方法
「糖尿病の治療には、インスリン抵抗性を改善することが重要です。」とよく言われますが、糖尿病のことをよく知らない方にはピンときま...

肥満により、インスリンが効きにくくなり、血糖値が上がります。

肥満になるとインスリンが多量に分泌され続ける

身体にとって、血糖値が高すぎる状態は望ましくないため、血糖値が高くなるとそれに応じて、膵臓(すいぞう)はインスリンを分泌し、血糖値を調節します。

血糖値が高ければ高いほど、膵臓はたくさんのインスリンを分泌することになります。たくさんの食事をするほど、インスリンの分泌量は多くなります。

肥満の人の場合、前述のとおり、インスリンが本来の効果(血糖値を下げる)が効きにくいため、膵臓はもっと多くのインスリンが必要だと認識し、通常の人よりも多くのインスリンを分泌することになります。

インスリンを分泌することは、膵臓にとって負担です。過剰なインスリンを分泌し続けると、そのうち膵臓は疲弊し、ついにはインスリンを分泌することをやめてしまうのです。

インスリンが分泌されにくくなると、当然血糖値の調整ができなくなります。これが糖尿病と呼ばれるものです。

糖尿病とは、血糖値をコントロールするメカニズムが機能しなくなった状態と言えます。

このように、食べ過ぎや肥満による血糖値が常に高い状態は、糖尿病を招きやすいのです。

肥満はさらなる肥満を呼びやすい

肥満は脂肪細胞が多い状態です。脂肪細胞からは、アディポネクチンと呼ばれるホルモンが分泌されているのですが、このホルモンは糖の燃焼と関係しています。

肥満になればなるほど、このアディポネクチンの分泌量は減少します。アディポネクチンの分泌量が減少すると、糖を燃焼する力が弱くなり、さらに太りやすくなるのです。

30702299_m痛風の原因 プリン体は悪玉ではなかった!気をつけるべき5つの原因
痛風の原因に関することで一番多い誤解がプリン体についてです。 プリン体ゼロビールが重宝されていることからも分かるように、食べ...

その他、脂肪細胞からはレプチンと呼ばれる食欲を抑えるホルモンも分泌されているのですが、このホルモンも肥満になればなるほど分泌量が減少します。

肥満になると食欲が抑えにくくなり、太りやすい状態にあると言えます。

肥満でも糖尿病にならない人がいる理由は?

日本人は欧米人と比べ、糖尿病になりやすい体質と言われています。それは、日本人は欧米人に比べて、インスリンを分泌する膵臓の力が弱いためです。

欧米人は、日本人に比べて肥満比率が高いのに糖尿病患者が少ないのは、膵臓の力が強いためです。

日本人でも、膵臓の力が強く、肥満でも糖尿病にならない人もいます。

しかし、糖尿病にならなくても、肥満はあらゆる生活習慣病のリスクです。肥満の方は、体重コントロールすることを強くお勧めします。

肥満と糖尿病の関係のまとめ

  • 肥満になると、インスリンが効きにくくなり、血糖値が上がりやすい。
  • 高血糖の状態が続くと、膵臓が疲弊し、いつしかインスリンが分泌されにくくなる。
  • インスリンが分泌されにくくなると、血糖値がコントロールできなくなる。これが糖尿病である。
  • 肥満になると、糖の燃焼を促進するホルモンが減少し、さらなる肥満の原因となる。
  • 肥満になると、食欲を抑えるホルモンが減少し、さらなる肥満の原因となる。
  • 肥満でも糖尿病にならない人は、膵臓の力が強いと考えられる。
  • 糖尿病にならなくても、肥満はあらゆる生活習慣病の原因であり、改善が望ましい。

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ