*

激しい運動が痛風を招くって本当? 痛風によい運動と悪い運動の違いとは?

公開日:

運動は健康によいというイメージから、痛風予防に運動をしようと考える人も多いようです。

確かに肥満と痛風には密接な関係があって、運動で肥満を解消することによって痛風発症リスクは軽減するでしょう。一方、運動した翌日に痛風を発症したという事例も大変多くなっています。

これはどうしてなのでしょうか?実は痛風にとってよい運動と悪い運動があるのです。違いに気をつけて、痛風予防に効果的な運動を行いましょう。

スポンサーリンク

激しい運動が痛風発作を招く

結論から言うと、サッカーなどの激しい動きをする運動は痛風発作を招きやすくなります。原因は2つあります。

1つは、激しく身体を動かすことによって新陳代謝が活発になり、体内で通常よりも多くのプリン体が作られるようになるためです。

このため、体内に一時的に過剰になったプリン体が蓄積されて痛風発作が起きやすくなります。

もう一つの原因が激しい運動によって体内が水分不足になるからです。

水分が不足すると、腎臓から尿酸が排出されにくくなり、結果として尿酸値が上がり痛風発作が起きやすくなります。

痛風予防に向くのはゆったりとした軽い運動

これまで運動をして来なかった人ほど、性急な成果を求めて激しい運動をしようとしてしまいます。しかしそれは痛風予防において逆効果です。痛風予防に向くのはゆったりとした軽い運動です。

なぜなら、ゆったりとした運動の場合、運動によって尿酸の生成が過剰になるということがないからです。

なぜなのでしょうか?実は運動によって消費されプリン体に変化したATP(アデノシン三リン酸)という物質は、時間が経過すると再合成して元に戻る仕組みがあります。適度な運動であれば、この仕組が働きプリン体が尿酸に変わることなく元に戻るのです。激しい運動の場合、ATPの再合成が間に合わず、プリン体から尿酸へと変化し、尿酸の生成が過剰になるわけです。

運動をするなら、激しい運動ではなくゆったりとした運動をしましょう。また、運動中は水分補給が大切です。こまめに水分補給をしましょう。

適度な運動がもたらす5つの効果

運動が健康にもたらす効果は改めて言うまでもありませんが、痛風に関係するところでは、特に次の5つの効果があります。

・体脂肪が減少し、尿酸値が低下する。
・ストレスが減少し、尿酸の生成が抑えられる。
・筋肉が鍛えられ、太りにくい体質になる。
・インスリンの働きが活発になり、血糖値が下がる。
・血圧が下がる。

運動は痛風に限らず、生活習慣病全般の予防になりますよ。

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ