*

痛風発作時にお風呂は逆効果!代わりにすべき3つのこととは?

公開日:

痛風に限らず、痛みがある場合、患部を温めたほうがよいのか冷やしたほうがよいのか迷うことがありますよね。

痛風発作を起こした場合、お風呂に入ってよいのでしょうか?それとも入ってはいけないのでしょうか?

結論から言えば、痛風発作時にお風呂に入るのはNGです。

なぜなら、痛風の痛みは炎症だからです。炎症部分を温めてしまうと炎症が促進されて痛みが増してしまいます。

温めることは、炎症が起きた時に最もやってはいけないことの一つです。

その他にも、痛風発作が起きた時にしてはいけないことをまとめます。

痛風発作が起きた時にしてはいけないことまとめ

  • 温めること
  • 揉んだりマッサージすること
  • 患部を動かすこと

どれも患部の血行をよくして炎症を促進させてしまうからです。代わりに、痛風発作が起きたら次のような対処をしましょう。

痛風発作が起きた時にすべきこと

  • 患部を冷やす
  • 安静にして動かない
  • 足の指などに発症した場合、横になって足を心臓より高い位置にする

いずれも、血流を少なくし炎症を軽減させる目的の行為です。

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ