*

痛風は深夜や早朝に起りやすい!寝る前に気をつけるポイントとは?

公開日:

病院が開いていない時間に痛風発作が起きて困ったとはよく聞く話ですが、実際に、痛風発作は深夜や早朝に起りやすいようです。

ボストンオンライン研究チームが、インターネットを介して724人の痛風患者を追跡調査したところ、1,433件の痛風発作のうち、733件が深夜から早朝(0:00から7:59)に発生したということです。

夜間から深夜にかけて、痛風発作が増える理由ははっきりしていませんが、次のようなことが原因と考えられています。

  • 無呼吸
  • 低体温
  • 脱水

寝る前に深酒をすると、無呼吸になりやすくなります。また、アルコールを排出するために体内の水分量も少なくなります。

痛風発作を予防するためには、アルコールをできるだけ控えるのが理想ですが、それが難しい場合、寝る数時間前までにお酒をやめるようにしましょう。そして寝る前には、十分な水分補給をしましょう。

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ