*

糖尿病の初期症状をチェックする7項目とは

公開日:

糖尿病の初期症状に現れる症状をご紹介します。糖尿病が気になっていて、この7項目に該当する方は、なるべく早く糖尿病専門の病院で相談されることをお勧めします。

糖尿病を完治させることはできませんが、早めに治療を開始すれば、合併症はほとんど防ぐことができます。

その他、糖尿病が進んだ場合の症状のチェック項目もご紹介します。こちらに該当する方は、一刻も早く医師に相談しましょう。

糖尿病の初期症状をチェックする7項目

1. 喉が渇く

糖尿病は、血糖値を調整するメカニズムが働かなくなり、血液中の糖の量が増える(血糖値が高くなる)状態です。

血糖値が高すぎる状態は、身体にとって望ましくないため、血糖値を低くしようと身体が水分を求め、喉が渇くのです。

正常な人は、インスリンによって血糖値を下げるメカニズムがあるため、血糖値の上昇を理由として異常に喉が渇くことはありません。

糖尿病になっても、空腹時は血糖値は高くないというケースは多々あります。特に食後に喉が渇くという方は要注意です。

2. 頻尿になった

糖尿病になると、尿量が増えるのは、血液中に過剰になった糖を体外に出そうとするためです。

昼間だけでなく夜中の就寝中も何度も起きてトイレに行く、1時間に2回以上トイレに行く、1回の尿量が増えたなどの様子が見られるようなら注意が必要です。

3. 食事をしてもすぐに空腹感を感じる

十分な量の食事をしたにも関わらずすぐに空腹感に襲われるのも、糖尿病の症状の1つです。

糖尿病はインスリンがうまく働かない病気です。

インスリンが働かないと、食べ物から栄養素を吸収しても、血液から細胞に糖を送り込むことができません。(細胞に届かない糖が血液に留まり、血糖値が高くなります。)

そのため、糖尿病になると、食事をしても身体にエネルギーが行き渡りません。血液中の糖を体内に上手く取り入れられず、体中がエネルギー不足を感じて「もっと食べて」と命令を受けている状態です。

食後2、3時間後くらいで強烈な空腹感を感じる場合、糖尿病が懸念されます。

4. 体重が減少する

糖尿病になると、不思議なことに体重の減少を経験します。

前述のとおり、糖尿病になると、外部から糖を取り込んでも体内に吸収できず、エネルギー不足の状態に陥ります。そのため、身体は糖の代替として、脂肪や筋肉中のたんぱく質を分解してエネルギーとします。

つまり、自分で自分の体を食べてエネルギー不足を補っているのです。

糖尿病による体重減少は、喉の渇きや体のだるさを同時に感じることが多いようです。ダイエットなどしていないのに、いつの間にか体重が減少している場合は要注意です。

5. 疲れやすい、やる気が起こらない

糖尿病になると、食べた食物のエネルギーが体内に行き渡りにくくなるので、体が常にエネルギー不足になります。

また、体内の筋肉中のたんぱく質を分解してエネルギーを生成しはじめるので、筋肉が衰え、痩せてきます。すると体力不足になり、疲れを感じやすくなります。

6. 体臭・口臭・尿のにおいが甘い

糖尿病患者は、体や口、おしっこから特有の甘いにおいがします。よく「腐ったリンゴのにおい」に例えられる、甘酸っぱいようなにおいです。

糖尿病でエネルギー不足となり、脂肪や筋肉のたんぱく質を分解してエネルギーを得ようとする過程で、ケトン体という物質が生成されます。

このケトン体が、糖尿病独特の甘酸っぱい匂いを発します。血液中に混じって体内を巡り、汗や吐息、おしっこに混じって排泄される時に匂いがするのです。

7. 食後眠くなる

糖尿病になると、食後の血糖値は異常に高くなります。血糖値が異常に高くなると、脳がうまく働かなくなり、強い眠気をもよおします。

糖尿病合併症の恐れがある症状

手足のしびれ

糖尿病を発症して数年すると、神経障害で手足の指先がしびれる、足裏に違和感を感じるといった症状が出てきます。これは、合併症の中で最も早く出てくる症状の一つです。

糖尿病が原因のしびれには特徴があります。一つは、両側がしびれるということです。片手だけ、片足だけということはありあせん。

もう一つの特徴は、手や足の先端からしびれが始まるということです。

症状が進むと、足の裏がつりやすくなったり、熱さ冷たさなどの温度を感じにくくなったりもします。

身体がむくむ

糖尿病で腎臓に合併症が起きると、尿の排出がうまく行かなくなります。そのため、水分を体外に排出できず、身体がむくんできます。

目がかすむ

視力が低下する糖尿病性網膜症は、糖尿病3大合併症の一つです。いきなり目が見えなくなるということもありますので、糖尿病の人は定期的な眼科検診が必要です。

糖尿病の症状まとめ

糖尿病になったからといって、すぐに合併症になるわけではありません。通常、合併症が起きるのは、糖尿病になってから3年以上経過した時です。早めに糖尿病治療にかかれば、合併症を防ぐことができます。

また、仮に合併症が始まっていたとしても、早めに治療を受けることにより、症状の悪化を防ぐことができます。心当たりがある方は、なるべく早く、専門医に相談しましょう。

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ