*

偽痛風を簡単に判別するためのチェックポイント

公開日:

21697475_m
偽痛風は、痛風と症状が似ていることから間違えられやすい病気ですが、様々な点において痛風とは違う特徴があります。

自分のこの痛みは痛風なのだろうか、それとも違う原因なのだろうかと悩んでいるなら、ぜひこちらの記事をご覧下さい。
今回の記事では、偽痛風と痛風の違い、偽痛風の症状、原因、治療方法をお教えします。

スポンサーリンク



偽痛風の症状

偽痛風になると、関節の腫れ、痛み、発赤が生じます。一見すると痛風の症状にそっくりです。ただし、痛みは痛風ほど激しくはありません。

また、患部の半数以上が膝の関節に現れるのも特徴です。膝や足首など比較的大きな関節に多く発症します。痛風のように足の親指のつけ根に発症することはあまりありません。複数箇所に炎症を起こすこともあります。

偽痛風は痛風のように発作的に起こることもありますが、慢性的に痛むこともあります。

 

偽痛風の原因

痛風の原因が、尿酸の結晶である尿酸塩が関節に沈着することであるのに対して、偽痛風の原因は、ピロリン酸カルシウムの結晶が関節に沈着することです。関節から剥がれ落ちたピロリン酸カルシウムの結晶を、白血球が攻撃することによって炎症が生じます。

ピロリン酸カルシウムというのは、ピロリン酸という物質とカルシウムが結合したものです。ピロリン酸は高齢者に多く分泌されます。そのためか、偽痛風は60歳以上の高齢者に多いのが特徴です。また、男女の性別に関係なく発症します。

 

偽痛風の治療

残念ながら、ピロリン酸とカルシウムの結合を防ぐ方法は解明されておらず、偽痛風の治療は痛みが起きた場合に痛み止めを行う対処療法のみとなります。

発作的に起きる偽痛風に対しては、非ステロイド性の消炎鎮痛薬が処方されます。病状に応じて、副腎皮質ステロイドを関節内に注入することもあります。

 

偽痛風と痛風を判別するためのチェックポイント

偽痛風かどうかは、レントゲン検査で簡単にわかります。痛風の原因となる尿酸塩と違って、カルシウム結晶はレントゲンに写るからです。

最後に、偽痛風と痛風の特徴の違いを表にまとめましたので、参考にして下さい。

偽痛風

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ