*

糖尿病治療のキーファクター インスリン抵抗性を改善する方法

公開日:

「糖尿病の治療には、インスリン抵抗性を改善することが重要です。」とよく言われますが、糖尿病のことをよく知らない方にはピンときませんよね。

「インスリン」という言葉は耳にすることがあるかも知れませんが、そもそもインスリンとは何でしょうか?どうして糖尿病と関係しているのでしょうか?

そして本題である「インスリン抵抗性」とは何でしょう?

今回の記事では、糖尿病治療において極めて重要な「インスリン抵抗性」とは何か、どうしてそれが糖尿病治療にとって重要なのか、インスリン抵抗性を改善するにはどうすればよいかをご説明します。

スポンサーリンク

インスリンがないと身体は糖分をエネルギーにできない

インスリンは、膵臓(すいぞう)で作られるホルモンの一種です。インスリンは、血液中の糖分を細胞内に送り込むときに重要な働きをしています。

インスリンが不足したり、インスリンの働きが弱いと、血液中の糖分を細胞内に送り込むことができません。そうなると、身体は糖分をエネルギーとして使うことができず、糖分は血液中に留まることになります。

糖尿病の方は、インスリンの働きが弱いことが多く、そのため、糖分が血液中に過剰になる=血糖値が高くなる、となるわけです。

インスリンの役割については、こちらの記事に詳しく書いていますので、ご覧下さい。
糖尿病とインスリンの密接な関係 インスリンの分泌は多いほうがいいの?

インスリンは糖分のメッセンジャー

先ほど、インスリンは、「血液中の糖分を細胞内に送り込むときに重要な働きをしている」と書きました。

もう少し具体的に書くと、インスリンは、細胞に対して、「糖分が到着しましたよ。門を開けて下さい。」というメッセンジャーのような役割をしています。

普段、細胞は細胞膜に守られていて、外敵をシャットアウトしています。糖分は身体に必要なもので、決して外敵ではないのですが、容易には見知らぬものを寄せつけません。

その時に活躍するのがインスリンです。インスリンが糖分と一緒にやってくると、細胞は細胞膜に糖分専用の門を作って、糖分を細胞の中に入れてくれます。

細胞のほうの動きももう少し詳しく書きますと、インスリンが細胞に近づいてくると、細胞内のGLUT4という物質が細胞膜に近づき、糖分専用の門を作ってくれるのです。

インスリン抵抗性とは何か?

基本的に、糖尿病はインスリンの不足が原因ですが、インスリンが膵臓から十分に分泌されていても、糖尿病になることがあります。

その原因に先ほどご紹介したGLUT4が関わっています。

インスリンが細胞膜に近づいてきても、GLUT4がそれに反応しないことがあります。GLUT4が反応してくれないと、いくらインスリンが大量にあっても、細胞膜の門は開かず、細胞は糖分を取り込むことができません。

GLUT4のインスリンに対する反応をインスリン感受性と言い、インスリン感受性が悪いことを、「インスリン抵抗性」と言います。

糖尿病には、糖分のメッセンジャーである「インスリン」と、インスリンのメッセージを受け取る「GLUT4」の2つの働きが関わってくるのです。

インスリン抵抗性を改善する方法

ここまでお読みいただき、糖尿病の治療には、インスリン抵抗性の改善が重要であることはご理解いただけたと思います。

インスリン抵抗性を改善する最もよい方法は、運動して筋肉をつけることです。運動をすることによって、GLUT4のインスリンに対する反応がよくなるのです。また、運動をすることによってGLUT4の量も増加するため、一石二鳥です。

インスリン抵抗性のまとめ

  • インスリンは、糖分を細胞に取り込むためのメッセンジャーである。
  • インスリンが不足すると、糖分が細胞に取り込めず、血糖値が上昇する。
  • インスリンのメッセージを受け取るGLUT4の反応が悪くても、細胞は糖分を取り込めない。
  • GLUT4の反応が悪いことをインスリン抵抗性と呼ぶ。
  • インスリン抵抗性の改善には運動が最も効果的である。

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ