*

プリン体とは 体内にも存在しストレスや激しい運動で尿酸に変化する!

公開日:

プリン体と痛風はどうして関係があるの?

痛風になったことがある人、痛風が気になっている人であれば、プリン体という名前を一度は聞いたことがあるでしょう。

痛風において、なぜプリン体が注目されるのかと言えば、痛風と密接な関係のある尿酸はプリン体が原料となって作られるからです。

体内で発生したプリン体や、食べ物を通じて体内に摂取されたプリン体は、肝臓で処理されて、尿酸という物質に変わるのです。

プリン体から作られた尿酸が体内に溜まり過ぎると、尿酸が結晶化し、痛風の原因となります。次のような図式です。

プリン体 ⇒⇒ 尿酸 ⇒⇒ 尿酸塩(尿酸の結晶) ⇒⇒ 痛風

スポンサーリンク



プリン体は細胞内のどこにでも存在する

痛風を予防するには、尿酸の原材料であるプリン体を断ち切ってしまえばよさそうですが、それはなかなかうまくいきません。

プリン体は、細胞の核にある核酸を構成する主成分で、細胞があるところには、至るところに存在しているからです。食べ物にはもちろんのこと、私たちの身体の中にもたくさん存在しています。

しかもプリン体全体量のうち、体内で作られるものは80-90%と考えられています。食べ物からのプリン体を減らすだけでは、痛風予防にはならないのです。

どうして痛風になる人と痛風にならない人がいるの?

体内の細胞にもプリン体があるのなら、誰もが痛風になってもおかしくなさそうな話です。

しかし現実には、痛風になる人と痛風にならない人がいます。

プリン体は細胞の至るところに存在しているのに、どうして人によって痛風になる人とならない人がいるのでしょうか。

その答えは、細胞の代謝スピードが関係していると考えられます。

実は体内の細胞内にプリン体が存在すると言っても、全ての細胞のプリン体が尿酸になるわけではありません。

普段は、細胞内のプリン体は核に守られています。細胞内のプリン体が尿酸に変わるのは、新陳代謝で細胞が分解されたときです。

ストレス過多な人というのは、痛風になりやすいのですが、ストレスを受けていると体内のエネルギー消費が激しくなり、プリン体の生成、すなわち尿酸の生成が促進されるのです。

その他、プリン体はATPという物質が代謝される時にも発生します。ATPは筋肉や臓器を動かすためのエネルギー源です。ATPは代謝されても元に戻るのですが、急激に消費された場合は、元に戻らず、発生したプリン体が尿酸に変わってしまいます。

激しい運動が痛風によくないとされるのは、このためです。

ストレスを受けやすい人、激しい運動を好む人というのは、体内でのプリン体生成が多くなり、痛風になりやすいと言えるでしょう。

1日のプリン体摂取量目安は400mg

天丼
ここまで体内で発生するプリン体の話を中心にしてきましたが、もちろん食べ物に含まれるプリン体を制限することも、痛風予防には大事です。

高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインによると、1日のプリン体摂取量目安は400mgです。

プリン体400mgというのは、具体的にどのような食事ならOKで、どのような食事だとNGなのでしょうか?

食品別のプリン体の詳細は食事あたりの分量を記載! わかりやすいプリン体の多い食事一覧の記事を参考にしていただきたいのですが、食事のたびにいちいちプリン体量を計算するのは大変で億劫なものです。

自分が普段好んでよく食べるものに、プリン体が多く含まれていないかチェックするのがよいでしょう。エビが含まれる天丼、天ざるそば、ミックスフライ定食などは一食で1日のプリン体摂取量目安の半分を超えてしまう可能性があります。その他、唐揚げ定食も要注意です。

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ