*

痛風リスクがひと目でわかる 尿酸基準値

公開日:

尿酸値レベル

スポンサーリンク

男女共に尿酸値が7.0mg/dLを超えると高尿酸血症

正常な状態での尿酸値は、女性のほうが明らかに低いのですが、痛風リスクとなる高尿酸血症は男女ともに、7.0mg/dLを超えるものとされています。

これは、血液中に尿酸が溶けきれなくなる飽和濃度には、男女差がないからです。

尿酸値が7.0mg/dLを超えると、血液中に尿酸が溶けきれなくなり、痛風の原因となる尿酸の結晶化が始まります。

尿酸値が7.0mg/dL以下でも、尿酸値が高いほど生活習慣病のリスクが高まる

高尿酸血症(尿酸値が7.0mg/dLを超えること)と痛風には明確な因果関係があります。尿酸値が高いほど痛風発症リスクが高まります。

尿酸値が7.0mg/dL以下の場合でも油断はできません。尿酸値は様々な生活習慣病の有用なマーカーとなっていて、尿酸値の高まりとともに、生活習慣病のリスクが高まります。

特に女性の場合、正常な状態の尿酸値は男性よりも低いため、尿酸値が上昇してきた場合は注意が必要です。

尿酸値レベルによる高尿酸血症・痛風の治療方針

高尿酸血症になると、尿酸値が7.0mg/dL以下になるように生活指導や薬物治療が行われます。

一度、痛風を発症した場合、再発防止のため、尿酸値を6.0mg/dL以下になるように薬物治療が行われます。

尿酸値が7.0mg/dLを超えて8.0mg/dL以下の場合

原則、運動や食事療法の生活指導で様子を見ます。
 

尿酸値が8.0mg/dLを超えて9.0mg/dL以下の場合

合併症(高血圧、糖尿病など)がない場合は、生活指導で様子を見ます。合併症がある場合、薬物治療を行います。
 

尿酸値が9.0mg/dLを超えている場合

合併症の有無に関わらず、薬物治療を行います。

痛風クリニックメインコンテンツ

このページの先頭へ